朝起きた時の急な首の痛み

朝起きた時に首が動かなくなった経験はほとんどの方があると思います。

 

首を前後・左右に傾けたり、右向き左向きで痛くなるこの状態を

 

一般的にいわれる「寝違い」の状態です。

 

寝違いとは、寝ている間に変な体勢で寝ている事が原因で首の筋肉の筋違いが起きている状態です。

首が一定時間変な角度で保たれる事で首の筋肉が固まってしまい形状記憶され、朝一起きた時に痛みが現れます。

 

 

また寝違いの程度は個人差があり、首を全く動かせない痛み~首を動かすと違和感がある程度のものまで様々です。

 

痛みが現れる場所も、首そのものに痛みを感じる場合や背中の肩甲骨周辺に痛みを感じるなどこちらも個人差があります。

 

 

寝違いには鍼灸や整体で筋肉の状態を整えてあげると改善が速くなります。

硬くなっている筋肉の血行を促進させ寝違いのツボなどに鍼をする事で首が動かしやすくなります。

 

朝起きて寝違えてしまった方はぜひ池田市のもりもと鍼灸院へお任せください!

 

もりもと鍼灸院
池田市栄本町3-18
サカエマチ商店街2番街100円ローソン横の路地を入ってスグ

【営業時間】
10時~20時
9時~12時(日曜)

【定休日】
木曜、日曜午後、祝日

 

〈もりもと鍼灸院ホームページ〉
池田市で鍼灸整体・美容鍼ならもりもと鍼灸院

〈もりもと鍼灸院ーしんきゅうコンパス〉
もりもと鍼灸院 | 池田市の鍼灸院

〈Google口コミ〉

もりもと鍼灸院口コミ

背中の神経整体
そのお悩みお任せください

皆さんご存じでしょうか?

 

「痛み」を感じているところばかりをゴリゴリ揉んだり、押したりしても痛みが改善されにくく時間がかかるという事を。

 

それは何故かと言うと体に痛みを出したり、動かしたりするのは筋肉ではなく神経だからです。

 

神経に不調が起こると神経が繋がっている筋肉や筋膜に正しい情報が伝達されないため肩が凝ったり筋肉の柔軟性が低下します。

 

そして神経の伝達が悪くなったのち筋肉の働きも落ちてくると体を動かした時にツッパリ感や痛み、違和感を感じてしまいます。

 

この違和感の現れが神経の乱れそして今まで感じていなかった症状を感じはじめる前兆です。

 

なので痛みを出さない様にするには神経の滞りを改善し筋肉や筋膜の柔軟性やバランスを確保する事が重要となります。

 

Hariceでは神経/筋肉調整を【鍼灸】【神経整体】で行います。

全身の神経

施術の流れ

カウンセリングシート記入

①カウンセリングシート記入
現在のお体のお悩み・既往歴などをご記入頂きます。

カウンセリングシート

②カウンセリング
カウンセリングシートにご記入頂いた内容をもとに、現在のお体の状態を見極める為にカウンセリングを行います。

何処が痛いのか、日常生活でどのように支障が出ているかなどお聞きします。

検査

③検査
お悩みを改善するにはまず体の状態が把握出来ていないと改善できません。

痛みの原因はほとんど筋肉にある事が多いので、可動域や柔軟性のチェックをします。

腰痛の鍼灸治療

④施術
検査で特定した筋肉へ鍼灸・整体施術で柔軟性の調整を行い、筋肉から現れる違和感を改善していきます。

今後の説明

⑤今後の施術方針
再度お体の状態説明をし、今後の施術方針・通院頻度のご説明をします。

お会計

⑥次回予約・お会計
次回のご予約をお取りし、お会計をさせて頂きます。

鍼灸サロンHarice